« 釜我健太郎ライブ終了 | トップページ | 我がJ-45 »

2013年10月 2日 (水)

とりあえず地元でギブソンアコギ試奏してきた

御茶ノ水とか行く前に、とりあえず地元エリアの楽器店巡ってきた。
目的はギブソンアコギの試奏。
店員に試奏を申し出るのは大変勇気のいる行為で、コミュ障にはなかなか辛いものがある。
もこっちみたいになりながらも、そこをなんとか乗り越えて本日弾いてきたギブソンアコギは16本。
行った3店に置いてあったギブアコは全て弾いた。
すべて新品で、現行あるいは近年のモデル、J-45、J-50、J-35、サザンジャンボ、B-25、LG-2など。
ほとんどのギターは鳴りがよく、よく出来ているギターだと思った。
だがしかし、そのどれもが自分の求めるあのギブアコサウンドとは少し違っていた。
結果、恐らくないだろうと思われていたヴィンテージに少し気持ちが傾いてきている。
リムショットやらウッドマンやら購入することになるかもしれない。
最近廉価モデルとして生まれ変わって登場したJ-35も弾いてみたけど、他のJ-45とかに引けをとらない音だと感じられたので、お買い得かも。
妙に弦高が低いADJサドルのJ-45とかもちょっと面白かった。同じ新品ギターなのに何故だw拓郎のリンゴ弾いてみたら雰囲気出てた。

池袋、新宿、渋谷、そして御茶ノ水。
試奏の旅、本番はこれから。

本日の戦利品
ユニクロの靴下

K0010059

|

« 釜我健太郎ライブ終了 | トップページ | 我がJ-45 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず地元でギブソンアコギ試奏してきた:

« 釜我健太郎ライブ終了 | トップページ | 我がJ-45 »