« オレから見た中田英寿 | トップページ | 釜我健太郎ライブのお知らせ×2 »

2006年6月20日 (火)

遠藤ミチロウ 紫ら妃 ライブ@高円寺ALONE

2006年6月17日 土曜日

開演前の高円寺ALONEには、

いつもと違う妙な緊張感が漂っていた。

そんな中、客電が落とされた。



紫ら妃(一人芝居)

闇夜はいらんかね~♪

妖しくも美しい歌声で始まった舞台は、

心にぽっかり空いた穴(闇)を

テーマにした美しい作品だった。



遠藤ミチロウ(g.vo)

いろんな面で、この人は

ほんとかっこいい。

過激な歌詞と

稲妻のような歌唱、叫びからは

優しさを通り越して、

愛を感じた。

ギターの音も凄かった。

客席で聴いていると、

まるでカメハメ波でも喰らったかのようだ。

シンプルなアルペジオにも

独特の哀愁がある。



忘れてはならないのが、

マスター井上氏の

アシュラマンばりの活躍。

PA、照明、受け付け、

そして4、5回に及んだ

ミチロウ氏の弦交換!

全て一人で((((;゜Д゜)))

ほっんとに、お疲れ様でした!


Michiro2 キネンサツエイキタコレ



只今のBGM

21世紀のニューじじい / 遠藤ミチロウ

|

« オレから見た中田英寿 | トップページ | 釜我健太郎ライブのお知らせ×2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠藤ミチロウ 紫ら妃 ライブ@高円寺ALONE:

« オレから見た中田英寿 | トップページ | 釜我健太郎ライブのお知らせ×2 »