« 坂崎幸之助がお送りするK's Transmission | トップページ | ミュージシャンの日記 »

2006年2月 6日 (月)

れいや 真帆 水口きみや @高円寺ALONE

turikawa

素敵な一夜でした。

出演者それぞれが、それぞれの色を出して、

しかもそれが全部繋がって一本の素晴らしい

作品になっていたように感じられました。


ライブが終わってから今に至るまで

自分がどのように表現すればいいのかを考えていました。

●かつてのように、もっと自由にやればいいのではないか。

●自分の過去の作品でも、それは演奏するたびに新曲である

という二つの素敵な結論が実感を伴って出ました。

次の釜我健太郎ライブは、今回圧倒的なステージでオレをノックアウトしてくれた

れいやさんと対バンです。

絶対、名勝負をしたいと思います。



只今のBGM

背番号が欲しかった / 水口きみや

|

« 坂崎幸之助がお送りするK's Transmission | トップページ | ミュージシャンの日記 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

あの日のライブ一発目だった崎さんの心意気は、
ALONEの暗闇を完全に支配していました。

そして、
「自分の過去の作品でも、それは演奏するたびに新曲である。」
↑すでに心はよろしくイスタンブールとか、
まさにですよね!

投稿: 釜我健太郎 | 2006年2月 7日 (火) 00時16分

「自分の過去の作品でも、それは演奏するたびに新曲である。」
ほんま、そう思います。そうで、ありたいですね。

投稿: 崎・陽軒 | 2006年2月 6日 (月) 23時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: れいや 真帆 水口きみや @高円寺ALONE:

« 坂崎幸之助がお送りするK's Transmission | トップページ | ミュージシャンの日記 »